施工方法のご案内

施工方法を捨て貼りの有無で2方法と致しております。

  壁の施工を先に行ってください。
  床先行での施工には対応しておりません。 

   ①置敷き捨て貼り工法
   ②置敷き直貼り工法 
       ※増し床工法にも対応しております。その際伝熱パネルタイプの床暖房
       システムの採用も可能です。
        詳しくはお問合せください。

施工を行う際の重要なポイント

   ※不陸調整について

   ・コンクリート下地 緩やかに続く不陸は1m当り深さ2㎜以下、部分的な不陸は深さ2㎜
             で1m以下内・金平糖状で1㎜で1m以内となるように セルフレベ
             リングを実施してください。
  
   ※下地について

   ・合板下地     施工時含水率は8%~10%とします。これ以上の含水率での施工は
             どのメーカーのフローリングでも隙間や突上げを起こすことがあり
             ます。エアコン等で除湿をし、上記範囲で施工して下さい。
             継ぎ目の段差は1㎜以内となるように調整してください。
   ・セルフレベリング メーカーの責任で調合、混練されている材料のみお使いください。
   ・下地の乾き具合  十分に乾燥していることを確認してください。
   ・馴染ませること  施工の前日までに開梱し、環境に馴染ませてください。
   ・下地清掃     砂や埃はサネ同士のジョイントに影響を与えます。
             掃除機で丁寧に除去してください。
   

   ※壁内の構造用合板について

   ・距離      壁内の構造用合板が湿度により伸縮することが推測される際は、下地
            合板と構造用合板を10㎜以上は離してください。パーチクルボード・              下地合板の伸縮と構造用合板の伸縮で、壁と壁に挟まれたフローリン
            グが押され、突き上げられることがあります。
            設計の段階で、下地合板との距離の配慮をお願い致します。

   ※フローリングの施工について

   ・施工始め     現場左奥から設置を始めます。センター墨出し後、壁際のフローリングの幅
             が極めて狭い場合は、2列目のフローリングとサネ同士をウレタン系接着剤
             で貼り合わせ1枚のフローリングのようにして施工してください。
             この際、決してフローリングを接着剤で床に止めないで下さい。
             以上は貼り仕舞いでも同じことが言えます。
             ウレタン系接着剤はコニシ社製KU928を推奨いたします。

   ・壁からの長さ   フローリングは壁から最低30㎝の長さを張るようにして下さい。
             1列の最後のフローリングが300㎜以上あれば、そのフローリングを次の列
             の貼り始めに使用し、ロス率を抑えてください。

   ・サネのはめ方   フローリングの長辺は、2段階クリックを採用しています。その為、サネは差し
             初めはペタンと平らにならない状態になりますが、これは正常な状態です。
             ゴムハンマーで軽くなでるように叩いて収めてください。
             サネは決して叩かないでください。サネを叩くと、見えない割れが発生して
             サネ鳴りを起こしたり、隙間ができたりする原因となります。

   ・壁との隙間    環境の変化には強い特性を有しますが、パーチクルボード・下地合板・捨て
             貼合板が大きく伸縮すると影響を受けます。壁との隙間は3㎜~5㎜程度は
             確保してください。
             

   ・施工仕舞い    壁際のフローリングの幅が極めて狭い場合は、2列目のフローリングとサネ
             同士をウレタン系接着剤※で貼り合わせ1枚のフローリングのようにして施
             工してください。決してフローリングを接着剤で床に止めないで下さい。
             多く出回っているフローリングは貼り仕舞いを接着剤止めすることがありま
             すが、決して接着剤で止めないでください。

   ※施工中の事故について

    ・接着剤が付いたら シンナー薄め液を布に付け、拭き上げてください。フローリングの上に
               シンナーをこぼして伸ばすようにして使用するのはやめてください。
               
    ・塗料が付いたら   接着剤と同じようにして、除去してください。

    ・傷が入ったら    多く出回っているフローリングと同じようにウレタン系補修材と塗料を用いての
               補修をしてください。仕上げが全つや消しのスプレーで艶調整をしてください。
    ・貼替る場合     対象の1枚を、丸ノコやカッター、ノミで床面から外してください。
               周りの隣のフローリングのサネを残してその上に乗せるようにします。乗せる前
               にはめ込むフローリングの不必要なサネはカッターで落としておきます。
               下地に接着剤が付かないようにしながら、周りを囲む隣のフローリングのサネに
               適量の接着剤を塗布し、そこへ貼替用に用意したフローリングをはめ込みます。
               もし接着剤がはみ出たら、すぐに拭き取ってください。